トナー屋サンコーは製品寿命まで最適な状態でご使用いただくために、ゼロックス純正のトナーを推奨致します。

ゼロックス純正トナーカートリッジは、レーザービームプリンター及び複合機の印刷システムを支える重要な機構の一部として、プリンター・複合機本体とともに一体として開発されています。

非純正トナーカートリッジをご使用になりますと、印刷品質の低下をはじめ本来の性能を十分に発揮できないだけでなく、ドラム・現像等の本体心臓部となるプロセス部品を損傷させる場合があります。

また、非純正トナーカートリッジの使用を原因とするプリンター・コピー機本体の不具合ついては、無償保証期間内または保守契約期間内であっても、有償での対応となります。

また、最近市場に出回っている互換トナーについては、主に中国で製造されておりますが、印刷品質の低下を招くだけでなく、知的財産権を侵害している商品もありますので、ご注意下さい。

トナー屋サンコーお役立ち情報

カラーレーザープリンターのブラックだけを頻繁に使っていますが、何か問題が起きますでしょうか?

当社はゼロックスのカラーレーザープリンターを使用しています。

しかし経費を削減するためカラー(シアン・マゼンタ・イエロー)は極力使わず、ブラックトナーのみでモノクロ印刷をしています。このような使い方でプリンターに悪影響を与えることがありますか? 

そして、このような場合ですと交換するカートリッジはブラックトナーのみでよいのでしょうか? 当社使用の機種はfujixerox DocuPrint C830です。

お答えします

モノクロ印刷中心でご使用とのこと、できれば一番の経費削減はモノクロプリンターに機種を変更することかもしれません。トナーはワックス成分を練り込んであるので時間の経過でなにかしら変化していきます。ゆえに通常のトナーであれば安全にお使いいただける期限が設けられているのです。

すでにプリンターにセットしている場合には中身が攪拌されるため、トナーが固まったりすることはないと聞きますが、期間や環境にもよるかもしれませんね。

そして、カラートナーをあまり使わないということですが、ドラムユニットは交換する必要があります。カラーではなくモノクロで印刷しても「印刷枚数」に応じて消耗されますので、こちらに経費がかかると思われます。

よって冒頭でもお伝えしましたが、カラープリンターではなくモノクロプリンターの方が経費は抑えられます。

まとめて印刷すると用紙が濡れて出てくるのですが、なぜでしょうか?

会社でゼロックスのプリンターを使っています。

時々、印刷した紙が濡れたようになって出てくるのですが、これはなぜでしょうか? 

プリンターの中に水分のあるものはないはずなので不思議です!! 印刷物は乾かせば問題ないのですが…何が異常を起こしているのかわからず困っています。

朝一の印刷などでは出てきませんが、日中まとめて印刷をした時に発生することが多いです。

お答えします

他にも例を聞いたことがありますが、おそらく原因は紙が吸収している湿気だと思います。

湿気を多く含んだ用紙に印刷を続けていると、トナー定着の際に加える熱で湿気が蒸気に変わるのです。通常、少なからずどのような紙も湿気を含んでいます。

少量の湿気であれば、蒸気は空気中に分散されますが、湿気が多いとプリンター本体内部で結露を起こして用紙を濡らすのだそうです。

ですからまとめて印刷した後、紙濡れが発生しやすいといわれています。

特に高性能な高速プリンターでは比較的起こりやすいのだとか。もちろんプリンターの定着ユニット周辺の空きスペースや排紙形状によって紙濡れが起こりやすいもの、起こらないものなどあるかもしれませんので一概には断定できませんが、紙濡れは用紙の湿気が原因のようですよ。

対策としては、室内の湿度管理を行うことです。エアコンの活用や、用紙は使用ごとにセットする(トレイに入れっぱなしにしない)など、工夫してみましょう。

レーザープリンターで印刷すると用紙の半分くらいから色が薄くなります

富士ゼロックスのカラーレーザープリンターを使っていますが、印刷すると用紙の半分くらいから色が薄くなって出てきます。

色むらなく綺麗に印刷するにはどうしたらよいでしょうか? 色むらの原因はいったい何でしょうか? 

まだ購入してから数カ月しか経っておらず、故障するには早いと思うのですが…。

トナーを交換しても印刷結果は変わりません。カラーで印刷してもモノクロで印刷しても同じでした。機種はXEROX DocuPrint C525Aという機種です。

お答えします

レーザープリンターで片側だけ色が薄くなる現象はよくあるということですよ。

知り合いの修理屋さんに聞きましたが、転写の際に紙に密着するローラーを押し上げるバネが片側だけ取れると、このような症状がでるのだそうです。

この場合には修理が必要です。その他に紙半分の色が薄い症状の原因はドラムカートリッジの不良か、レーザーユニットのミラーが汚れているケースです。

ドラムは静電気でトナーを転写するのですが、静電気の発生にムラがあったり、位置がずれていたりすると転写の際に不良が起こります。レーザーユニットのミラー汚れはほこりや煙草の煙、不良トナーなどが主な原因のようです。

しかし、まだ購入して間もないプリンターということですので、ミラーが汚れていることは考えにくいです。調べるなら転写部分を中心に点検してみてください。

ゼロックストナーを格安価格で購入するなら老舗通販《トナー屋サンコー》におまかせ!!

少しでもお得な価格でゼロックストナーを入手したいお客様、お求めはぜひ《トナー屋サンコー》をご利用ください!!

当店は快適に印刷できる良質な「新品」トナーカートリッジを定価より可能な限り値下げして皆様にお譲りします。 創業以来、販売するトナーの品質にこだわりを持っていますので、新品トナー以外取り扱いはございません。

初めて通販でトナーカートリッジを購入されるお客様も、どうぞ安心してご注文くださいませ!! ゼロックストナーはブラック・シアン・マゼンタ・イエローなど各カラーを豊富にご用意しています。

もちろんドラムも格安ですので当店でお買い求めください!!メーカー純正トナーから汎用品まで、幅広い商品在庫を自分達の手元で管理!!自社倉庫からお客様へ直送するので素早いお届けにご期待ください。

当通販なら購入時にかかる送料や代引き手数料が全て無料でお買い得!!北海道や沖縄でも追加配送費用はいただきません。

全国どこからのご注文でも同一の価格でご提供いたします!!ゼロックス・ドキュプリントなどの印刷用消耗品は当店が業界最安価格でご奉仕中です!!

業界最安!!ゼロックストナーが安いカートリッジの激安販売店《トナー屋サンコー》

ゼロックストナーを業界最安価格でお探しなら、お求めは《トナー屋サンコー》におまかせください!!当店はプリンタ印刷用トナー・ドラムの激安販売店です。

良質なトナーカートリッジを最大限に値下げして皆様に業界最安価格でご提供いたします。さらに全国どこでも送料は完全無料!!北海道や沖縄、その他離島からのご注文でも追加費用はいただきませんのでご安心ください。

皆様の印刷コスト削減のお手伝いをしたいので、購入時に余計な費用はいただきません。代引き手数料も当店が全て負担します。

ご購入いただいたお客様にはコピー用紙をプレゼント!!単品でもまとめ買いでも、皆様からのご注文には素早くお応えいたします。

当店は自社保有の倉庫で在庫管理をしています。いつでも手元に豊富な在庫があるので、迅速な出荷作業に自信あり!!すぐにトナーが必要なお客様は当通販にお申し付けください。

純正ゼロックストナーはブラック・シアン・マゼンタ・イエローを特別価格でご用意しています。当店で扱うトナーは全て高品質な「新品」カートリッジですので、どなた様も安心して快適にご利用いただけます!!