RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > コピーを取る時の光は、私たちの目に何か影響を与えますか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

コピーを取る時の光は、私たちの目に何か影響を与えますか?

ふと思った疑問です。会社でコピーを取る時、必ずフタをするよう暗黙の了解になっていますが…、
私は厚みのある本を印刷する時や急いでいる時は、面倒なのでフタを閉めずそのままコピーを取ってしまいます。その時、かなり強い光が機械の中で移動していきますが、あの光を直接見ると、何か私たちの目に影響を与えるのでしょうか? 

お答えします

コピー機だけに限らず、様々なOA機器から受ける電磁波は以前話題になったことがありますね。私も正確な数値などはわかりませんが、コピー機の電磁波はパソコンなどに比べると「かなり強い」と聞いたことがあります。光は直視しない方がいいですよ! 印刷する時は、出来るだけ距離を取った方が良いという話も聞いたことがあります。実際、コピーするだけで健康被害が出るようなものではないと思いますが、コピーを取る時はフタをした方が良いのではないでしょうか? 
それに、コピー機のフタを開けたまま印刷するとトナーの無駄遣いになりますよ。コピー時にフタを開けたまま印刷すると、周りに黒い影が出来ますよね?あの部分はトナーを吹き付けてわざわざ印刷することになりますので、トナーの消費が早まり、早くカートリッジ交換をすることになります。印刷面にベタ塗り部分が多いと、内部のドラムなどにくっつきやすくなり、紙詰まりの原因になることもあるのです。必要な印刷なら仕方のないことですが、不必要なベタ塗りはプリンターのためにも出来るだけ控えた方がよろしいかと思います。

>>トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る