RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 感光体の交換に20万円かかると言われたのですが…

トナー屋サンコーお役立ち情報

感光体の交換に20万円かかると言われたのですが…

シャープの複合機を中古で購入して使っています。最近、印刷した時にムラが出て調子が悪いので修理を依頼しました。ところが、業者の方は「感光体が悪いので交換が必要ですが費用が20万円ほどかかります」というのです。感光体とはそんなに高いものなのですか!?正直言って驚きました。

少しでも安く済ませたいので、検討しますと答えて、感光体の交換は保留にしています。部品だけ安く仕入れて、自分で交換作業は出来ないものですか?

お答えします

感光体ドラム部分は、コピー機の中でも最も重要な価値のある消耗品部分です。

自分で交換出来る機種と出来ない機種がもちろんあります。通常、トナーカートリッジと別々に交換するタイプのコピー機の感光体は所有権がメーカーにあるのです。

ですから簡単にユーザーが交換することができません。

そのような機種の場合、感光体ドラムは「商品」として扱われており、交換部品として販売されておらず、費用は保守契約の中に含まれている場合がほとんどです。

中古で買い取りしたコピー機の感光体交換はややこしく、高額な請求をされてしまったり、新型機種に変更を勧められたりする場合がほとんどでしょう。

今回、20万円ほどかかると言われてしまったのなら、その金額で修理を依頼するか、思い切って新しい機種に交換するか…ご検討された方が良いかもしれません。

古いタイプの機種ですと、すでに部品の供給がストップしている場合があり、交換できないものもあります。スポット修理前提の機種では簡単に交換できる例外もありますので、一応他の業者さんにも声をかけてみてください。

<<トナー屋サンコーお役立ち情報に戻るシャープトナーの商品一覧を見る>>