RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 倉庫で長期保存していたトナーを使用しても良いですか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

倉庫で長期保存していたトナーを使用しても良いですか?

会社の倉庫を整理していたら、なんと3年前に購入したトナーを発見しました。
もったいないので使いたいと思うのですが、3年間も倉庫に置きっぱなしだったので心配はあります。夏場は蒸し風呂のように暑く、冬は結露するような環境の倉庫ですので、湿気が大敵のトナーにとって良い環境だったとは言えません。それでも使わずに廃棄してしまうのは勿体ないと考えてしまいます。カートリッジの中を開けて調べるのも難しいので、どうしたら良いのかわかりません。使わない方が良いですか?それとも使っても良いですか?

お答えします

トナーにもいろいろなタイプがあるのですが、もし仮にトナーカートリッジと感光体ドラムが「一体型」であったなら、使ってみてもOKです。カートリッジの中でトナーが固まっていたとしても、メーカー純正品のトナーであればシールで封をしているので、使用する前に強めに振ってトナーをしっかりバラしておけば保管時の湿気等は影響なく使えるのではないかと思います。
印刷してみて品質が悪ければトナーを諦めて良品に交換すれば良いだけのこと。トナーと感光体ドラムのカートリッジが「別々」の場合、質の変化したトナーが感光体ドラムに悪影響を与えてしまうと…トナーと感光体、二つのカートリッジを一緒に取り換えなくてはなりません。これはかなり危険を伴いますので、慎重にご検討ください。危ないかもしれない…と心配しながら使うトナーはおすすめできません。

>>トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る