RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 廃トナーボックスとはなんですか? なんのために必要なものですか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

廃トナーボックスとはなんですか? なんのために必要なものですか?

私はエプソンのレーザープリンターを使っています。先日、感光体ユニットが交換時期を迎えたためインターネット通販で購入しました。

その際、一緒に「廃トナーボックス」というものが届きました(おまけ?)。廃トナーボックスは別売りで単体でも販売している消耗品のひとつのようですが、これはいったい何ですか? 

トナーカートリッジと感光体ユニットの他に、これらプリンター独特の消耗品がたくさんあるのでしょうか? あまり詳しくなくて、初めて交換というものをしたので不思議に思いました。

廃トナーボックスの中は黒いトナーが溜まっています。名前の通り、プリンター内の掃除をして出てきたごみのようなトナーを集める箱ですか?

お答えします

レーザープリンターは紙にトナーを定着させて印刷を行います。印刷過程で余計なトナーが出てしまうため、それを集める入れ物が「廃トナーボックス」というわけです。

これがないと余分なトナーの行き場所がなくて、プリンター内部でトナーが舞い散ってしまうことになります。 メーカーの説明にもありますが、感光体ユニットのキットに廃トナーボックスは含まれているものです。

もし、感光体ユニットよりも先に廃トナーボックスが寿命を迎えた場合、単体でも購入できるよう別売りで販売しています。通常は感光体ユニットと共に交換するペースで十分だと思われます。

コピー機に関しても同様で、トナーが廃トナーボックスに溜まって来ましたら交換サインが出ますので、 定期的に交換が必要になってきます。

廃トナーボックス交換サインが出たままご使用になりますと、コピー機故障の原因となります。弊社では廃トナーボックスとトナー4色セットを取り扱っております。

いざという時のために、トナー4色セット購入時に廃トナーボックスもご一緒に如何でしょうか。

 

トナーと廃トナーボックスセット

MX27JTトナーMX31JTトナーMX23JTトナーMX36JTトナー
MX45/27セットMX50/31JTセットMX51JTセットMXC38JTセット
MX500JTセット

>>トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る