RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 印刷が薄い場合はレーザーユニットが悪いのですか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

印刷が薄い場合はレーザーユニットが悪いのですか?

先日、キャノンのレーザープリンターをオークションで購入しました。トナーも十分残っているようで、今のところ普通に印刷は出来るものの、なぜか色が薄いのです。
プリンターで印刷が薄い場合はレーザーユニットが悪いのだと聞いたことがあります。どんな理由でレーザーユニットが悪い可能性がありますか? また、本当にレーザーユニット部分が悪い場合、交換や修理を依頼するしか改善させる方法はないのですか? せっかく安く購入したばかりなので、自分でなんとかしたいのですが…無理でしょうか。

お答えします

印刷が薄い=レーザーユニットが悪い、と考えられるのはレーザーユニット内にあるミラーの汚れが印刷濃度に影響するからでしょう。モーターについているポリゴンミラーが汚れている場合もあります
ミラー汚れの多くはホコリです。定着ユニットの熱を逃がすためにファンが排気を行うので、プリンター内部にホコリが入ってくる可能性もあるのですが、キャノンプリンターは比較的ホコリによるミラー汚れは少ない機種だといわれています(他のプリンターと排気の構造が少し違うらしいのです)。レーザーユニット部分は基本的に掃除をする部分ではありません。壊れやすいツメも多いので破損する恐れが高いです。
レーザーユニットの不良で印字が薄い場合、部分的に薄くなることが多いと聞きます。全体的に、均一に薄い場合には感光体のクリーニングブレードが悪いのかもしれません。キャノンはトナーと感光体が一緒になった一体型カートリッジですので、トナーを交換すれば改善されるのではないかと思います。
その場合は分解して清掃すると症状が改善されます。

>>トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る