RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 感光体ユニットの交換サインが出ましたが、交換しなければ印刷できなくなりますか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

感光体ユニットの交換サインが出ましたが、交換しなければ印刷できなくなりますか?

エプソンのプリンターを使っていますが、初めて感光体ユニットの交換サインが表示されました。
メッセージが出たのですが、まだ交換はしていません。しかし今のところ何も変わらず今まで通り印刷できています。感光体ユニットというものを交換しなかったら、このプリンターは印刷できなくなってしまうのですか? そして感光体ユニットとは何のために必要な部品なのですか?

お答えします

感光体ユニットを交換しないと印刷できなくなってしまうことは確かです。しかし、交換サインは今までの印刷枚数などをカウントして、あくまでも予測で表示されているため、今のところ問題なく印刷できているのだと考えます。
感光体ユニットとは、交換時期がきてすぐに交換しないとプリンターが壊れる!というものではありません。ただ、印刷品質はどんどん落ちていきます。なぜなら、トナーはインク部分であり、感光体は印字のためのヘッドにあたるからです。インクがあってもヘッドがなければ紙に印刷することはできません。感光体は静電気でトナーを引き寄せて画像を作り、それを紙に転写する役割をします。トナーと同じくらい、とても大切な部品なのです。紙やトナーなどに繰り返し触れるものですので、使い込んでくると表面が摩耗して美しい印刷が出来なくなります。感光体の消耗は印刷物にスジが入ったり、模様のような汚れ、二重印刷などが起き始めた時に確認できます。

>>トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る