RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > プリンタトナーがとても早く切れるのですが、原因は何でしょうか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

プリンタトナーがとても早く切れるのですが、原因は何でしょうか?

キャノンのプリンタを業務で使用しています。
毎日の印刷枚数はそれほど多くないのですが、1500枚印刷できるはずのトナーがいつも500枚ほどの印刷でなくなってしまいます。ここ3カ月ほど、いつも同じペースでトナーがなくなっています。
使っているトナーは新品のメーカー純正トナーカートリッジです。ちゃんとした純正品なので中身が少ないとは思えないのですが…トナーが早く切れてしまう原因はなんでしょうか? 
プリンタの印刷設定など原因があれば改善したいと思っていますので、何かよい案や原因がありましたら教えてください。

お答えします

トナーが早くなくなってしまうのは印刷する内容によるものではないかと思います。
お使いのトナーは1500枚印刷できるとのことですが、トナーの印刷可能枚数の基準はA4用紙に5%印刷をした場合の予測枚数です。5%印刷というのは、用紙の上でトナーが乗る面積です。A4用紙の全体をベタ塗りした場合を100%と考えてくださいね。A4用紙に5%印刷といいますと、思ったより文字の少ない文書になると思われます。文字量が多く全体が詰まったもの、画像があるものを印刷すると、たちまちトナーの減りが早くなります。必ずしもトナーに表示されている枚数を印刷できるとは限らないのです。
トナーの減り方は印刷する内容、つまりトナーをどのくらい使用するかですごく違ってきます。トナー節約のコツですが、印字濃度を薄くしたり、文字や画像を小さくするのもひとつの方法です。ベタ塗りは結構トナーを消費しますのでご注意ください。

>>トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る