RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 排紙搬送ユニットが汚れています

トナー屋サンコーお役立ち情報

排紙搬送ユニットが汚れています

レーザー複合機を使っているのですが、最近印刷物にトナー汚れが出てきます。
原因を探るため、複合機内部を観察してみると排紙搬送ユニットが汚れていました。掃除をしたあと印刷すると最初の3枚はきれいだったのですが、またすぐに元に戻ってしまいました。定着器のクリーニングも試したのですが変化はありません。印刷汚れを見ながらネットで情報を探したのですが、よくわかりませんでした。排紙搬送ユニットが汚れる原因はいったいなんでしょうか? このような例を他に聞いたことがありますか?

お答えします

排紙搬送ユニットとは、扉の内側のベルトユニット部分ですね。この部分が汚れるということは、トナーカートリッジから直接トナーが漏れているのではなく、感光体(ドラム)に残ったトナーが原因の場合が多いようです。感光体から汚れが発生する原因は、余計なトナーをかき落とす役割をしているクリーニングブレードが摩耗して不具合を起こしていると考えられます。感光体は静電気でトナーを引き寄せ、画像を紙に転写しますが、必ず余分のトナーが残るので、その都度拭き取り作業を行っています。
摩耗・消耗でうまく拭きとれなくなったクリーニングブレードは拭きむらが出来てしまい、前回印刷した分のトナーが残ったまま次の印刷を繰り返すので、印刷物が汚れたり別の個所にトナーが移動したり、問題が発生してきます。ベルトが汚れている場合、多くは感光体が原因になっているのだと修理屋さんから聞いたことがあるので、きっとそうだと思いますよ。

>>トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る