RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 自分でドラムの掃除をしたら、かすれが激しくなりました

トナー屋サンコーお役立ち情報

自分でドラムの掃除をしたら、かすれが激しくなりました

プリンターで印刷すると赤い色だけかすれて出てきます。
トナーを入れ替えましたが変化がなかったので、おそらくドラムかな?と思い、自分で掃除などをしたらますますかすれが激しくなりました。ドラムの寿命を確認しましたが、まだ半分近く残っていますし、価格も高いので簡単に交換したくありません。普段の印刷は通常のコピー用紙とラベル印刷が多いです。
ドラムの不良なら覚悟を決めて交換しますが、何を調べたら納得できますか? 良い方法があれば教えてください!!

お答えします

最近のドラムは丈夫だといわれていますが、清掃などで傷をつけてしまうとかすれたりスジが入って印刷されたり、突然印刷不良が起きてしまいます。
できるだけドラムは触らない方が安全ですよ!!
ラベル印刷が多いということですが、ラベル用紙は純正品をおすすめします。
適切でないラベルを使用すると、はみ出していた糊がドラムに付着しやすいのです。糊がついてしまうとドラムのクリーニングブレードが壊れてしまいます。
ラベルの他には土埃なども影響するようです。学校の近くなどでは土埃が原因で印刷不良が発生することがあるそうです。本当にドラムが悪いのか、確認したいのであれば印刷を始めて、用紙が半分くらい入ったところで電源を切ってみましょう。その時、プリンター内部のドラムの表面をチェックして不具合がないか見てください。トナーのり方がおかしくないか調べましょう。

>>トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る