RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > トナーの残量が少なくなるとトナーが飛び散って印刷が汚くなります

トナー屋サンコーお役立ち情報

トナーの残量が少なくなるとトナーが飛び散って印刷が汚くなります

レーザープリンターを使っているのですが、トナーの残量が少なくなるとトナーが用紙全体に飛び散るようについてしまい、印刷がきれいに仕上がりません…。
印刷物全体が汚くなってしまう原因はなんでしょうか? トナーは中身が少なくなると必ず飛び散るものですか? 原因や対策などありましたら教えてください。

お答えします

通常、トナーの残量が少なくなったからといって中身が飛び散るという話は聞きません。
どのようなトナーをお使いですか? トナーが飛び散ってしまう原因のほとんどはカートリッジの不良や異常だと聞いています。繰り返しカートリッジを使用するリサイクルトナーなどは特にご注意ください。
カートリッジは日々の使用で消耗・摩耗していきます。2度、3度と再利用するリサイクルトナーでは中身の量をすべて使い終わるまでカートリッジに耐久性がなく、使っている途中で壊れてしまうこともあるのです。ここまでがカートリッジが原因の場合です。トナーが飛び散ったように印刷物が汚れる例はドラムが原因の場合もあります。ドラムは帯電によって何度も何度も画像を作ったり消したりしています。長期間使用することでドラムが消耗し衰え、画像をすべてきれいに消すこと(消磁)ができなくなるのです。そうすると、印刷物が汚くなってしまうというわけです。簡単に説明しましたが伝わりましたでしょうか?
ドラムが原因の場合には交換で改善されます。
<<トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る東芝のトナーの商品一覧を見る>>