RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > まとめて印刷すると用紙が濡れて出てくるのですが、なぜでしょうか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

まとめて印刷すると用紙が濡れて出てくるのですが、なぜでしょうか?

会社でゼロックスのプリンターを使っています。

時々、印刷した紙が濡れたようになって出てくるのですが、これはなぜでしょうか?

 プリンターの中に水分のあるものはないはずなので不思議です!! 印刷物は乾かせば問題ないのですが…何が異常を起こしているのかわからず困っています。

朝一の印刷などでは出てきませんが、日中まとめて印刷をした時に発生することが多いです。

お答えします

他にも例を聞いたことがありますが、おそらく原因は紙が吸収している湿気だと思います。

湿気を多く含んだ用紙に印刷を続けていると、トナー定着の際に加える熱で湿気が蒸気に変わるのです。通常、少なからずどのような紙も湿気を含んでいます。

少量の湿気であれば、蒸気は空気中に分散されますが、湿気が多いとプリンター本体内部で結露を起こして用紙を濡らすのだそうです。ですからまとめて印刷した後、紙濡れが発生しやすいといわれています。

特に高性能な高速プリンターでは比較的起こりやすいのだとか。

もちろんプリンターの定着ユニット周辺の空きスペースや排紙形状によって紙濡れが起こりやすいもの、起こらないものなどあるかもしれませんので一概には断定できませんが、紙濡れは用紙の湿気が原因のようですよ。

対策としては、室内の湿度管理を行うことです。エアコンの活用や、用紙は使用ごとにセットする(トレイに入れっぱなしにしない)など、工夫してみましょう。

<<トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る富士ゼロックスのトナーの商品一覧を見る>>