RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > コピーをすると印刷物に黒い筋が入るようになったのですが、自分で改善できないでしょうか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

コピーをすると印刷物に黒い筋が入るようになったのですが、自分で改善できないでしょうか?

最近ずっとコピー使用時に黒い筋が印刷され困っています。業者とのメンテナンス契約なしのコピー機を使っているため、自分で改善したいのですが方法がわかりません。

汚れが原因ではないかと思い、いろいろな箇所を見ては拭いたりしましたが…それでもダメでした。何が悪いのでしょうか? ちなみに使用しているコピー機はリコーのimagio MF150モデルです。

メーカーのメンテナンスを受けるとサービスマンを呼ぶだけでかなり費用がかかりますので、できれば自分達で直したいと思っています。印刷物に黒い筋が入るような例があれば教えてください。

お答えします

印刷物に黒い筋が印刷される場合は以下のことが考えられます。

まずドラムの劣化や傷が原因ではないかと疑ってみましょう。ドラム面をクリーニングするブレードの劣化、定着ローラーの劣化や傷、レンズやミラーの汚れも疑われます。

帯電ワイヤーの汚れや電気系統のノイズ・漏電が原因の場合もあるようです。

黒い筋の原因は、専門的な知識がないと特定できないかもしれません。

素人が分解できない部分もありますので…汚れなど拭き取って改善しない場合にはメンテナンスを頼んだ方が確実かと思います(慣れていない人は拭き取り中に傷をつけてしまう場合も多いのです)。

ご自分でドラムを交換できるタイプのコピー機であれば、ドラム交換もおすすめです

<<トナー屋サンコーお役立ち情報に戻るリコートナーの商品一覧を見る>>