RSS
トナー屋サンコーTOP >京セラトナー > 京セラのコピー機・複合機の特徴 その2

トナー屋サンコーお役立ち情報

京セラのコピー機・複合機の特徴 その2

また技術的な優位性・メリットもあります。まず、コピー機の心臓部に当たる感光体(ドラム)は京セラの独自開発のアモルファスシリコン製で長寿命となっており、業界一の耐久性を持っております。

これまで感光体ドラムは消耗品でしたが、アモルファスシリコン(a-Si)感光ドラムは、長寿命・高耐久で、機械寿命に匹敵する長寿命で、何と500万枚まで使えるそうです。(京セラ調べ ドラムサイズ:φ100mm,耐刷:A4横送り換算)
通常の感光体の寿命は約10万枚程度と言われておりますので、如何に長寿命かお分かり頂けると思います。

ちなみに、アモルファスカーボン(a-C)系表面層の量産化に成功しているのは京セラだけです。
部品交換頻度を最小限に抑えることで、省コスト化を可能にしただけではなく、マシンライフまでの廃棄部品も削減でき、省資源化に貢献しています。

<<トナー屋サンコーお役立ち情報に戻る京セラトナーの商品一覧を見る>>