RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 複合機のリース契約をする場合、カウンター料金あり・なしではどちらが得ですか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

複合機のリース契約をする場合、カウンター料金あり・なしではどちらが得ですか?

業務拡大につき複合機のリース契約をしようと思っているのですが、カウンター料金の有無や保守・設置費用など初めて耳にすることばかりで正直言って「高いな〜」という印象です。

お恥ずかしいのですが、カウンター料金があるのとないのとでは、どちらが得でしょうか? 1カ月の印字枚数も今現在では確定しておらず、大体3500〜4000枚程度となる予定です。

カウンター料金なしの場合ですと保守料と初期設置費用など全て含めて5年契約で月額15,800円、トナーは交換時に別途費用が発生します。

もちろんメーカー純正品を使用しますので…費用はかなりのものかと考えています。リース予定の機種はコニカミノルタBizhub 283です。

お答えします

5年間のリースで月額15,800円であれば高くはないと思います。いわゆる「普通」の料金でしょう。

問題はどのくらい印刷をしてトナーを消費するか、ですね。低価格でトナーを購入することは出来ないため、トナー代はかなり高額になるようです。

中にはこっそり安価で購入したトナーをご自分で交換されている方もいらっしゃいますが、担当の営業マンとの関係が悪化しないようにご注意くださいね。

お客様や知り合いから話を聞く限りではカウンター契約をした方が安い場合が多いようです。もちろん印刷頻度や諸々の関係で安い・高いは大きく変わる場合があります。

まずはカウンター方式の業者からも見積りを出してもらい、年間印刷枚数などからトナー料金等を計算して比較することをおすすめします。カウンター方式の場合、本体価格が安くても毎月のランニングコストが高くなるケースもあるので、慎重にご検討ください。

<<トナー屋サンコーお役立ち情報に戻るコニカミノルタトナーの商品一覧を見る>>