RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > 自分でメンテナンスをしたら印字が薄くなってしまいました

トナー屋サンコーお役立ち情報

自分でメンテナンスをしたら印字が薄くなってしまいました

私は個人事業を行っており、印刷経費削減のため保守契約を結ばずに自分でトナー交換やメンテナンスを行っています。

先日、トナーカートリッジの周辺にトナーがこぼれているのを発見し、自分で清掃を行ったのですが…その後から突然印字が薄くなってしまい、さらにテストページが読み取れない不具合が発生しています。

印刷にムラが出来てしまい、このままでは使い物になりません。トナーを交換したり、カートリッジを振ってみたり…と、出来る対処は行ってみましたが不具合は改善されませんでした。

印字が薄くなる原因としてトナー不足の他に何が考えられますか? 使用している機種はシャープ・AR-163FGNという機種です。

お答えします

印字が薄くなるという件ですが、たまにメンテナンスの際、感光体ドラムを明るい場所に出した場合に一時的に印字が薄くなるという例を聞いたことがあります。

最近ではご自分でコピー機のメンテナンスを行っている方は多いので、皆さん経験されているようです。

しかし、この場合ですと少なくとも翌日には印字濃度が普通に戻るはずですので、今回は違うような気がしますね。こぼれているトナーを掃除する際、どこか他の部品は触られていませんか? 

どこか部品が故障している場合を除いて印字が薄くなる原因は現像剤が不足しているなどが考えられます。サービス店と保守契約をしていない場合、必要な時だけ修理を依頼できる業者さんを見つけておくと安心ですよ。

<<トナー屋サンコーお役立ち情報に戻るシャープトナーの商品一覧を見る>>