RSS
トナー屋サンコーTOP > トナー屋サンコーお役立ち情報 > コピー時にラインが入るのですが、メーカーメンテ以外に解決出来ませんか?

トナー屋サンコーお役立ち情報

コピー時にラインが入るのですが、メーカーメンテ以外に解決出来ませんか?

シャープのAR-F161を使っていますが、コピーをするとラインが入ったり残像のような余分が転写されたりして困っています。

メーカーに問い合わせたところ修理代は別で訪問のみで2万円ほど費用が発生すると言われ、あまりの高さに「ちょっと検討して改めてご連絡します」と一旦電話を切りました。

社内用の書類だけであれば我慢できる程度なのですが、修理はしたいのです。しかし費用はできるだけかけたくありません。なんとか自分で解決出来ないでしょうか? 

似たような前例があれば教えていただきたいのですが…。

お答えします

複合機・コピー機は内部に消耗品も多く、実際に見ていないのでどこが悪いのか確定できませんが、印刷物に線(ライン)が入る場合には感光体ドラムが原因となっている場合が多いようです(ラインの入り方や、入る位置によっても原因は変わってきますが…)。

残像のような影が転写される件については定着器のトラブルではないか、とも考えられますね。

正確な診断はやはりプロでないとわからないと思いますが、ただ単にトナーカートリッジの交換で症状が改善する場合もあるようです。

感光体ドラムはトナーと一体型のものと別々のものがあり、また、自分で交換出来るものと出来ないもの(業者のみ行えるもの)とがあります。

自分で感光体ドラムが交換できる場合にはカートリッジのみの購入で良いため、コスト面では安く済みます。

コピー機はデリケートな機器ですし、活躍しているコピー機ほどあちこち不良が起こりますので、AR-F161の場合はトナーを交換しても症状が改善されなければ一度メンテナンスを依頼した方がよろしいかもしれません。

<<トナー屋サンコーお役立ち情報に戻るシャープトナーの通販、価格表>>